*

ウェッブ制作

Width =px

ホーム > パソコン > シェアソフト >
Photoshop Element 11 MENU 

画像編集ソフトの本家AdobePhotoshopの安価・簡易版がElemrnt11で、これを利用してグラデーションを1事例として記述。

2002年頃、プロのデザイナーからPhotoshopを知り、試してみたが難しくてお手上げ。写真補正や加工は、ホームページに使う画像にグラデーション、ぼかし、文字入れ、簡易な加工程度なので高価なPhotoshopは、あきらめていた。

2012年、評価の高いPhotoshop CS6 と共に、安価な簡易版も販売されたのが、Photoshop Elementで、価格は、確か1万数千円程度と記憶している。

よく利用するグラデーションは、色選択が画像から自由にスポイトツールで取得出来るので使い勝手が断然良い。

画像にグラデーションを入れる使い方(個人的な忘備録)

Photoshop Element11

タイプは、左から右に同系色の濃→淡、画像を透過

1.Elemrntの起動と画像を読み込む

1)「写真の編集」

2)「エキスパート」

3)グラデーションする画像を「開く」

2.グラデーションの開始(右図)

1)画像が表示されるので、のボタンをクリックすると、のグラデーション・ツールが表示される。

2)グラデーション・ツールの編集ボタン をクリック

下図が表示される

Photoshop Element11

3.グラデーションの編集(右図)

1)グラデーションタイプの選択

バックになる画像に対し、グラデーションが透過される。

2)始点となるをクリック

3)マウスを画像に移動すると「スポイトマーク」が表示されるので、始点となる色をクリックする。

4)終点となる色選択をクリック

5)「スポイト」ツールで終点となる色をクリック。

補足:スポイト右クリックで範囲指定が可能

Photoshop Element11

4.グラデーションの実行

1)マウスを左端から水平に画像の半分程度迄、ドラッグ

Photoshop Element11

2)マウスの半分程度の位置でドラッグを終了

Photoshop Element11