*

PC LIFE

ホーム >  ゴルフ > 
左右の手は MENU 
左手は方向

勿論、右利きの人ですが。これは、私は真理だと思います。実際に試して見るのが一番です。  左手の甲がアドレスで構えたと同じ状態でボール当たれば、真っ直ぐなボールになるはずです。スライスは、手の甲が、 少し上を向いてボールをヒットしています。フックは、その逆で手の甲が、少し下向きになっています。アドレスで、 はじめからヘッドを開いてそのままの状態でヒットすれば間違いなくスライスになります。
 試しに、ショートアイアンで50ヤード前後打つ感じで、フェイスの向きを目標方向にスクエアに構え、手の甲を少し上向き でヒットしてみて下さい、スライスします。
 プロは、左手甲を上手に使っていろんな球種のを打ち分けるんです!。 グリップはアドレスした時、 左手の甲が目標方向を指すスクエアがベターだと思いますが、これが全て ではないのが、ゴルフの難しさでしょうか。スクエア・スタンス、スクエア・グリップで構え、左腕でリードして行きます。 ボールをヒットする時点で左手甲が目標方向にスクエアであり、ボールに対して手の甲でヒットしたイメージあれば、少しは ボールが真っ直ぐ飛ぶと思うのですが。理屈は分かっても、なかなかその通りに打てないのが、現実なのです。  そのために、みんな練習場に通うのです。

右手は飛距離

ダウンスイングでは左腕のリードが大切な事は述べました。しかし、 そのことばかり意識するとボール飛びません。右腕で思いっきり叩かないとボールは飛ばないのです。