*

PC LIFE

ホーム >  Web制作 > 
JavaScript 事例紹介 MENU 

JavaScriptを利用してページに動的変化を付ける事例の紹介

要約:1.画像:アニメーション・スライドショウ・表示に変化など。2.メッセージ:ボタンなど各種の仕組みでメッセージを表示。3.Window:サイズ指定などで開くなど。4.計算:四則演算の方法。

JavaScriptについて

ホームページ(以下HP)を表示するための最低限必要な要素(言語)は、以下の2つです。
1.HTML・・・HPに表示する文書・文字や画像など構造部分を記述する言語です。この言語で記述された内容がHP上に表示されます。
2.CSS・・・HTMLで記述された内容をどのように配置するか、見易く綺麗に修飾するなど、表示する内容をデザインする為の言語です。
では、JavaScriptの役割は何なんでしょう?
中央の画像が自動で入れ替わるスライドショウですが、このようにHP上で動きを表現出来るのが、JavaScriptです。